オタ活旅

【大阪・京都ー名古屋】最安の行き方・新幹線を安くとるには?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

こんにちは、おかるです。
先日、推し活で名古屋へ遠征しました。名古屋といえばグルメも人気ですよね。関西から近いので、日帰りでひつまぶしを食べに行く!なんて贅沢もできちゃいます。交通の便が良くて色んな行き方ができるので、何で行くか悩みませんか?今回は、公共交通機関(在来線・新幹線)を使用して名古屋に行く際に、最安で行く方法、コスパの良い方法を比較してみました。

おかる

最安なら時間はかかるけどJR在来線かバス。
新幹線ならツアーで予約が安いです。

手段別 所要時間と料金一覧

所要時間料金
のぞみ約50分
(約30分)
6,370円
(5,600円)
ひかり約50分
(約30分)
6,160円
(5,390円)
こだま約60分
(約50分)
6,160円
(5,390円)
近鉄2時間20分
(2時間40分)
4,790円
(5,060円)
在来線2時間40分
(2時間12分)
3,410円
(2,640円)
バス約3時間
(約2時間半)
2,000〜4,000円
(1,800〜3,000円)
※()内は京都⇔名古屋間の時間と料金です。

最安で行くなら在来線、最短で行くなら新幹線は予想通りですが、意外なのが近鉄。大阪から行くより京都から行くほうが時間もかかるし料金も高いんですね。
京都から行くなら近鉄以外から選ぶのが良さそうです。

新幹線なら旅行会社経由での予約が安い

最短で行ける新幹線、定価だとやっぱり高いですよね。少しでも安く乗るにはどこで予約するのが良いか調べてみました。

EX指定席6,170円
(5,400円)
ずらし旅5,500円
(5,000円)
ぷらっとこだま5,000円
(4,700円)
※()内は京都発の料金です。

一番安いのは「ぷらっとこだま」ですね。こちらはJR東海ツアーズから出ている「こだま号限定」のプランです。名古屋くらいの距離ならこだまでも1時間程度で着きます。

EX予約と旅行会社のプラン予約では、料金の違いだけでなく乗車できる列車や、パッケージ内容がそれぞれ異なります。旅程に合うプランを予約しましょう。

EX予約は利便性が抜群

EX予約といえば新幹線予約の大定番ですよね。利便性は一番良いです。
年に何度か新幹線を使う方にはおすすめです。

メリット・デメリット

定価より片道200円安く購入できる
発車時刻まで何度でも予約変更無料
チケットレスで発券不要
アプリで簡単予約
旅行会社のプランに比べると高い
EX会員年会費1,100円かかる

\下記から申し込むと1,000ポイントもらえます/

EX会員カード申込み

日帰り往復予約なら「ずらし旅」がとにかくお得

日本旅行から購入可能な新幹線の日帰り往復チケットです。定価・EXより安く、お得な体験チケットがついているのが特徴。

メリット・デメリット

EX予約に比べ安い
「選べる体験チケット」が本当にお得
日帰り往復限定
ひかり・こだま限定
復路の名古屋発は20:02が最終
乗り遅れても後続列車への乗車不可

おかる

ずらし旅は日帰り往復ならおすすめのプランです。「選べる体験チケット」がついてくるのですが、これが本当にお得なんです。

選べる体験一例
・名古屋駅直上マリオットホテルのケーキセット
・味仙の台湾ラーメン・一品・ドリンクセット
・矢場とんのとんかつ定食

他にも世界の山ちゃんやコメダ珈琲など有名店多数。グルメ以外にもアクティビティや歴史巡りなどがあり、お好みの体験が見つかりそう♪
新幹線代だけでも通常価格より安いのに、さらにお得なチケットが付いてくるのは嬉しいですね。

\ずらし旅の検索・予約はこちら/

日本旅行ずらし旅

片道なら「ぷらっとこだま」が新幹線最安

東海ツアーズから発売されているプランです。こだま限定ですが、関西から名古屋ならこだまでも1時間程度なのでバスより早く快適に行きたい方はこちらがおすすめ。

メリット・デメリット

EX・ずらし旅より安い
片道予約可
こだま限定
乗り遅れても後続列車への乗車不可

ぷらっとこだま予約

最安はバス

最安2,000円程度で名古屋に行けます。在来線より20分ほど時間がかかりますが、バスなら確実に座って行けるところがいいですね。極限まで費用を抑えたい方はバスがおすすめです。

\バス検索はこちら/

楽天バス

在来線で行ってみた感想と注意点

先日、在来線で名古屋に行ってきました。京都駅から約2時間半で行けるので、時間に余裕がある方にはおすすめできます。できるだけ費用を抑えたくて利用しましたが、実際に使ってみた結果全く不便なかったので今後も時間に余裕があれば在来線でいいや〜と思いました。

<経路>
京都駅9:08分発

米原10:16着
米原10:30発

名古屋11:43着
料金:2,640円

米原での待ち時間が少しあるのですが、座るためには並んでおく必要があります。日曜日のクリスマスイブでドームイベント日という日取りのせいもあったのか割と混雑していましたが、米原が始発駅なので前から3番目くらいに並んでいたら座れました。時間帯によっては乗り換えが2回必要な場合もあります。

米原から先はJR東海エリアになります。JR西日本→JR東海と跨いで利用する場合はICカードタッチで出られません。

おかる

駅員さんに処理してもらって出られましたが、今後は切符を買ってねとのことでした。